日本料理「青山えさき」考案 簡単"極"レシピ

ご家庭に三ツ星名店の味 日本料理「青山えさき」考案 簡単極レシピ

ラカントすき焼きのたれレシピ

製品情報の詳細はこちら
  • 牛肉そぼろの常備菜

    牛肉そぼろの常備菜

    すき焼きのたれがほとんどなくなるくらいまで炒めていくと、コクのある甘辛い牛肉そぼろになります。
    冷蔵庫で1週間程度保存がききます。

    このレシピを見る
  • レンコンのきんぴら

    レンコンのきんぴら

    これも常備菜になりますよ!白いごはんの上に乗せて・・・
    甘辛いすきたきのたれをまとったレンコンのシャクシャク感がより食欲をそそります。

    このレシピを見る
  • すき焼き

    すき焼き

    野菜はご家庭の冷蔵庫にあるものを使ってくださいね。
    お肉と「すきやきのたれ」さえあればいろいろ野菜をたっぷり使って贅沢な鍋になります。

    このレシピを見る
  • 鶏胸肉の天ぷら

    鶏胸肉の天ぷら

    溶き卵を絡めることによってパサつきやすい胸肉も柔らかくジューシーに仕上がりますよ。

    このレシピを見る
  • 豚肉ときのことクレソンのうどん炒め

    豚肉ときのことクレソンのうどん炒め

    すき焼きのたれは、とにかくスパゲッティーでも焼きそばでも、麺類に合いますよ!

    このレシピを見る

ラカントすし酢レシピ

製品情報の詳細はこちら
  • 緑のまめ、まめ、サラダご飯

    緑のまめ、まめ、サラダご飯

    豆は湯に塩を入れ、色良くゆでましょう。
    ごはんは冷ごはんを使っても良いです。

    このレシピを見る
  • 牛肉のしゃぶしゃぶ フレッシュな春菊を添えて

    牛肉のしゃぶしゃぶ フレッシュな春菊を添えて

    湯に通した後は、牛肉を常温の水に放ちましょう。
    冷水に取ると脂分が固まってしまい、出来上がりが硬くなってしまいます。
    春菊は食べる直前に寿司酢で和えると色良く仕上がります。

    このレシピを見る
  • 人参のサラダ クミンシードの香りと共に

    人参のサラダ クミンシードの香りと共に

    人参の千切りは、スライサーを使うと簡単常備菜もあっという間に出来上がり!
    あともう一品ほしい時にも。

    このレシピを見る
  • 秋の果物たちのマリネデザート

    秋の果物たちのマリネデザート

    旬のフルーツをさっぱりマリネデザートに。
    すし酢の酸味とフルーツの甘さが絶妙です。
    お好みのフルーツで。

    このレシピを見る
  • えさき流お楽しみちらし寿司 トマトの旨味とともに

    えさき流お楽しみちらし寿司 トマトの旨味とともに

    お好みの具材でアレンジを楽しみましょう。
    華やかな行事食としてもいいですね。

    このレシピを見る

江﨑 新太郎 氏 プロフィール

1962年 東京都出身
大学卒業後、日本料理の道へ進む。

赤坂料亭「山崎」を始め、東京と京都の料理店で修行を重ね、94年独立、青山に「えさき」を開店。
今年で21年目を迎える。
「ミシュランガイド東京2016」7年連続三ツ星を獲得

書籍
お料理手ほどき えさき流日本料理/柴田書店をはじめ多数

〜ラカントとの出会い〜

江﨑氏とラカントSの出会いは北里研究所病院・糖尿病センター長の山田悟先生が糖尿病の患者さんにも美味しく食べられる外食ガイドブック「奇跡の美食レストラン」を作ろうとしたところから始まった。
それまで、糖質制限に関心がなかった江﨑氏だったが、山田先生との話の中で、自らが持つ技術が肥満症や糖尿病の方にも役立てることを知り、「今まで制限を強いられてきた方々に、本物の美味しさを届けたい」との強い思いを持つようになった。
そのような中、砂糖を何に置き換えるのかが重要な課題となる。糖質に配慮しながらも、できる限り天然であること、安心・安全な食材であることは、絶対的な条件であったからだ。
そんな素材に強いこだわりのある江﨑氏が選んだのは、人工甘味料不使用、天然素材から作られた「ラカントS」。
素材自身の味を大切にした「えさき料理」に、ラカントの自然の甘味はとても馴染みがよい。

料理人のこだわり

商品開発の過程において明らかになったのは、江﨑氏の味に対する強いこだわりだった。
通常、食品開発での味見は絶対条件であるが、江﨑氏は、現在販売されているあらゆる商品を試し、自身の求める味の追求から始めた。また料理人であるが故に食材との相性も徹底的に調べ挙げた。さらに家庭のどんな料理に使うのか、冷蔵庫にはどんな食材があるか等のシーンや汎用性にも考慮。幾度も試作が行われた。
こうして出来上がった商品は、「最後まで美味しく食べてもらいたい」そんな思いを込めた様々な工夫が散りばめられ、常に食材と向き合っているからこそ知りうるプロの技術が凝縮されている。
妥協しない江﨑氏が自信をもってお勧めする本格三ツ星の味をご家庭で手軽にお楽しみいただきたい。