ラカント フローラビオ

オンラインショップ
  • SARAYA公式通販
  • SARAYA楽天市場店
店舗

販売店舗検索

糖質50%※1、カロリー48%オフ。※2
イヌリンで整腸と食後血糖値上昇抑制、W機能の腸活シロップ!

イヌリンによる「整腸」と「食後血糖値上昇抑制」Wの機能を持つ、甘味成分100%植物由来の機能性表示食品。1日大さじ1杯(22g)のご使用で、不足しがちな食物繊維(イヌリン)をしっかり補給し、イヌリンがビフィズス菌を増やして腸内フローラを良好にし、食後血糖値の上昇を緩やかにすることが報告されています。

糖質50%※1、カロリー48%オフ※2で、はちみつに似たやさしい甘さです。
朝のヨーグルト、ドリンク等に。
手軽に腸活したい方、毎日のご使用で、糖質・カロリーが気になる方におすすめです。

※1 <はちみつとの糖質比較について>フローラビオ:分析値 はちみつ:日本食品標準成分表2020年版(八訂)記載の「炭水化物」から「食物繊維」を差し引いて求めた「糖質」の値 参照
※2 日本食品標準成分表2020年版(八訂)「はちみつ」と比較
※3 大さじ1杯(22g)当たり。ロカボ糖質とは、利用可能炭水化物を元に算出したものです。

容  量:
265g
原材料名:
イヌリン(食物繊維)(オランダ製造)、マルチトールシロップ、イソマルトオリゴ糖シロップ/甘味料(ラカンカ抽出物)、保存料(ビタミンB₁)

機能性表示食品

<届出表示>
本品にはイヌリンが含まれます。イヌリンは、腸内のビフィズス菌を増やし、腸内フローラを良好にすること、また、便秘傾向者において排便回数・排便量を増やし、お腹の調子を整えることが報告されています。また、イヌリンは食後の血糖値の上昇を緩やかにすることが報告されています。
<届出番号>
I673
  • 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを 。
  • 本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
  • 本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

栄養成分等はこちら

w機能「ビフィズス菌を増やし、腸内フローラを良好にする!」「食後血糖値の上昇をゆるやかにする!」w機能「ビフィズス菌を増やし、腸内フローラを良好にする!」「食後血糖値の上昇をゆるやかにする!」

イヌリンが、
ビフィズス菌を増やし、
腸内フローラを良好にする!

糞便中のビフィズス菌数の増加が報告されています。

糞便中のビフィズス菌数

【対象】健常な男女30名(平均年齢26.6歳)【被験食】イヌリンを5g/日含むチョコレートドリンク・イヌリンを8g含むチョコレートドリンク【対照食】マルトデキストリンを8g/日を含むチョコレートドリンク(プラセボ)【試験方法】二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験/被験食、対照食をそれぞれ2週間摂取。それぞれの間にはウォッシュアウト期間(1週間)を設けた。【出典】研究レビューにおける採用論文のうち、代表的な1報(Kolida S et al. Eur J Clin Nutr 2007;61:1189-1195)の内容に基づき作成。

イヌリンが、
食後血糖値の上昇を
ゆるやかにする!

イヌリン入りのパンを摂取後、食後血糖値の上昇が抑制されたことが報告されています。

IAUC

*イヌリン配合有無のグルテンフリーパン摂食時の血糖上昇曲線下面積(Incremental AUC) 、p<0.05 ANOVA
【対象】健常な男女10名(平均年齢26.1±3.1歳)【標準食】白いパン【被験食】イヌリンを4g含むグルテンフリーパン【対照食】イヌリンなしのグルテンフリーパン【試験方法】シングルブラインド非ランダム化比較試験/標準食を2週間摂取後、被験食、対照食を数週間摂取、摂食前および摂食後の血糖値を経時的に測定。【出典】研究レビューにおける採用論文のうち、代表的な1報(Capriles VD et al. Food Funct 2013;4: 104-110 )の内容に基づき作成。