レシピ集

さんざしゼリー

さんざしは血液をきれいにしてくれる成分がたくさん含まれ、
古くから漢方薬にも使用されてきた健康果実です。
さんざしの甘酸っぱさに赤ワインを加えて大人のデザートに仕上げました。

調理時間
40分
美肌
エネルギー(1人分)
68kcal

糖質とラカントS

材料(4人分)

さんざし条
10本
ラカントS
大さじ4
2カップ
赤ワイン
大さじ4
レモン汁
少量
粉ゼラチン
10g
干あんず、ミントの葉
お好みで

作り方

  1. 粉ゼラチンを水1/2カップ(分量外)にふり入れ、戻しておく。
  2. 鍋にさんざし条とラカントS、水を入れて火にかける。ひと煮立ちしたら弱火にし、さんざし条を煮溶かす。粗熱をとってレモン汁と赤ワインを加える。
  3. (2)に(1)を加えてよく混ぜ、余熱でゼラチンを溶かす。
  4. 容器に(3)を流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
  5. お好みで干しあんずやミントの葉を飾って出来上がり。

調理上のポイント

  • さんざしとは、中国のバラ科の「サンザ」の実で、姫りんごのような甘酸っぱい果実です。血液の循環・清浄作用があり、2000年も前から漢方薬として使用されてきました。ビタミンやミネラルもたっぷり含んでいます。さんざし条はサンザシの実の煮汁にデンプンを加えて固め、拍子木切にしたものです。

栄養成分(1人分)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩
糖質 食物繊維
68kcal 2.8g 0.1g g 0.2g 0g